広島牡蠣専門店 かきアイランド 長船養殖場

安心・安全へのこだわり

長船養殖場では、皆様に安全においしく牡蠣を食べていただくために、5つの安心・安全への取り組みを行っております。

  • 一

    ノロウィルス対策の徹底

    長船養殖場では、生かき、殻付かきは、ろ過器、紫外線、次亜塩素酸、オゾン殺菌と各段階で実施しています。社内全体では、毎日バケツ、牡蠣打ちの刃、牡蠣打ち場をアルコール消毒、トイレは、全室ウォシュレット、ハンドドライヤーを設置して対策を行っています。

  • 一

    原水による洗浄

    地下70mから岩盤を突き抜けた位置から、自然にろ過されたほぼ無菌状態の海水をポンプアップし、その海水をろ過器、紫外線、次亜塩素酸のラインを通って牡蠣畜用プール、むき身洗浄に使用しています。

  • 一

    マイクロバブルによる殺菌

    レールウェイ用マイクロバブル浄化プールでは、7馬力のポンプでろ過器、紫外線を通して、マイクロバブル※を発生させ、大体18時間循環殺菌しています。プール内では水流が発生するため、自然の海に近い状態となり、鮮度よく殺菌できます。

  • 一

    オゾンによる殺菌

    海水から水揚げした牡蠣を洗浄し、プールにて浄化した牡蠣を、さらに海水が満水になってから大体18時間オゾン殺菌しています。

  • 一

    定期的な検査

    登録衛星検査所、EIC微生物検査センターで定期的に、大腸菌、一般細菌を検査しています。

  • ※マイクロバブルとは、水と空気を高速混合させる、または超音波で水を振動させることで発生させる、気泡径が10~数10㎛の超微細気泡のことです。この超微細気泡は水の中をジグザグに運動しながらゆっくりと上昇することで気泡が汚れを取り去ります。非常に小さなこの気泡が、牡蠣の溝や複雑なひだの奥まで入りこみ、極小の汚れまで除去していきます。

収穫から発送まで

大切に育てた牡蠣が皆様のお手元に届くまでの流れをご紹介いたします。

毎年10月初旬に牡蠣の収穫を行います。牡蠣を通している垂下連は9mもあり、大きく育った牡蠣が大量に重なっているため、約10mのクレーンで巻き上げて収穫します。収穫された牡蠣は泥やムラサキガイ、ホヤなどの生物が付着してるので、まずは牡蠣を殻のまま海水を使って洗浄器で洗い、外側から牡蠣をキレイにしていきます。

写真:船

むき身として出荷する牡蠣は、殻洗浄した後すぐに紫外線・オゾン殺菌されたむき身専用の清潔な地下海水プールに移動させ、1日かけてじっくりと牡蠣の体の中まで洗浄していきます。

殻付き牡蠣として出荷する牡蠣は、特別に養殖した牡蠣を洗浄し、フジツボや藻などの付着物を削り取った後、殻付き牡蠣専用のプールに1日以上つけておき、牡蠣の体の中までしっかり洗浄していきます。

写真:船

写真:船

浄化された牡蠣は打ち場に運ばれ、「打ち子さん」と呼ばれる熟練した女性たちの手によって、一つ一つ丁寧に殻が外されていきます。

お客様に安心して食べていただけるよう、滅菌海水や洗浄海水で入念に殺菌・洗浄し、小さい殻も取り除いていきます。

写真:船

写真:船

愛情たっぷり大切に育てられた牡蠣は、箱に丁寧に詰められ梱包します。徹底した管理のもと、入念なチェックを経て、皆様の元へお届けしています。

毎日の徹底した対策の実施と定期的な検査・チェックで皆様に安全な牡蠣を届けます!

写真:船

会社概要・アクセス

  • 社名

    有限会社 長船養殖場
  • 代表者

    長船 幹成
  • 所在地

    〒731-4312 広島県安芸郡坂町平成ヶ浜4-5-9
    [Google map外部リンクアイコン]
  • TEL

  • FAX

    082-885-0570
  • アクセス

    ■広島方面より

    ・JR広島駅より車で約30分
    ・広島呉道路坂北ICより車で約4分

    ■呉方面より

    ・JR呉駅より車で約20分
    ・広島呉道路坂南ICより車で約5分